普段何気なく使っている家の鍵。鍵がない生活は今の時代では考えられませんし、ドアがある=鍵がかけられるというのがもう当たり前なわけですが、毎日使っているからこそ鍵穴の傷み激しいものなのです。でも、それに気付いている人って実はすごく少ないんです。きっと私達の生活において当たり前な物すぎて、逆に気にならなくなってしまっているのでしょう。例えるなら呼吸と同じようなもので、ドアを開ける時は鍵を使うというのが自然な行為なので、気にも留めないのです。その鍵穴が傷んでいることなんて、想像もしないのでしょう。

それは現代において仕方のないことではあります。でも、鍵は壊れないものではありません。傷だって付きますし、汚れもします。鍵や鍵穴が削れてしまうことだって当然あるのです。毎日使うからこそ本当は一番気にしなければならないもので、普段のメンテナンスとして注油や洗浄は必要なんですよね。最近鍵がスムーズに挿さらないとか、すんなり回らないなんてことはありませんか?それは鍵と鍵穴からの危険信号です。まずは自分でできることからで構いませんから、注油してみたり汚れを拭きとってみたりして、それ以上鍵が傷むことのないように対処しましょう。折れてしまったり、壊れてしまってからでは遅いのです。ある日突然家に入れなくなったら、怖いですよね?当たり前のように行っている解錠と施錠だからこそ、それをするための鍵には細心の注意と対処をしてください。目には見えないレベルでも、確実にその鍵と鍵穴は傷んでいるものなのですから。