自転車などによく使われるワイヤー型のロック。あれってホームセンターでも手に入りますし、値段も手頃で扱いやすく、自転車の鍵としてかなり普及していますよね。ワイヤーを電柱やポール、フェンスに通せば俗にいう地球ロックも簡単にできますから、コストパフォーマンスがいいんです。

でも、あのワイヤー型ロックは切断されるという非常に大きなリスクを伴っているということを知っているでしょうか。手などでは引きちぎれませんし切ることなんてもっと無理ですが、実は専用の工具を使えば簡単に切断できてしまうんです。鍵によっては、専用工具どころかニッパーや大きなハサミでも切れてしまう場合があるほど。つまり、鍵としての効力はそれほどなかったりするんですね。もちろんそういった工具を使う=自転車を盗もうとしているということですから、普通に考えれば鍵を切断されて盗まれたなんてことはそうそう起きません。とはいえ、実際にそういうことをする人がいるというのも事実であって、ワイヤー型のロックではどうしてもそういう不安と戦う必要が出てきてしまうのです。

ワイヤー型であっても、ホームセンターで買えるような適当なものではなく、高価で頑丈なものを選べば、そういったリスクも軽減されます。でも、ワイヤー型ロックにそれだけ投資するのであれば、もっといい鍵も買えてしまうというのが実情。結局のところ、いい鍵を使ったうえでワイヤー型ロックはその補助。もしくは他の鍵が使えないところで仕方なく使うくらいに留めておくべきなのです。

便利で手に入りやすいワイヤー型ロックではありますが、それだけに頼るというのはリスクを伴うということですね。